2019年05月27日

障がい者が働くということ

本日は、少し重いテーマになりましたが、読んでいただけると幸いです。

私は、縁があって障がい者就労移行支援事業所で、パソコン講座をさせていただいています。

事業所ごとに要望が違いますので、できるだけ要望に沿った講座を行うようにしています。

障がい者就労移行支援事業所は、精神障害者の方向けになります。

ですので、発達障害を抱えていらっしゃる方が多いです。
知的障害も少しある方とか、学習障害が少しある方とか、
抱えている障害も個人で様々です。

発達障害と気づかずに周りとのコミュニケーションが取れなくて悩む方は大勢いらっしゃいます。

また、発達障害かどうかを受け入れることができるかどうかは、お若い方ほど親が深く関わってくると思います。

親が受け入れ、本人も受け入れても
過去の人間関係のトラブルから外で働きたくないという方もいらっしゃいます。

昨年あたりから、発達障害に関するテレビ報道が行われるようになり、発達障害の認知度が高まってきているとは思います。
話していると、普通の方が多いので周りは気づきにくいです。
本人も「どうして、自分は他の人と違うのだろう?」くらいにしか考えていないケースもあります。

精神障害の中でも難しいところだなあと感じます。

精神障害の方が働く場合、職場が合うかどうかがいちばんの鍵になります。
精神障害の方が就職後に離職するケースは結構多いので、就職後のケアを半年間行政支援が支援する仕組みも整ってきました。
この職場なら大丈夫と思って働き始めても、やっぱり何か違うと考えてしまうのでしょう。

障害がある方が働くということは、周りの理解も必要なことだと思います。
デリケートな問題なので、本人から障害のことを言うのも抵抗があると思いますので、
就労前に職場の上司が伝えることなのだろうと思っています。

このようなサイトもあります。
就労移行支援事業所へ行くのも抵抗がある方にはいいのかもしれません。




また、外で働くことに何度もチャレンジしてみたけれどうまくいかなかったと言う人は、
家で収入を得る方法を考えないといけなくなると思います。

親から「働かなくていい。家にいればいい。」と言われたとしても、
親もいつまでも生きているわけではありません。

家や好きな場所でパソコンで収入を得る方法...
○YouTuber
○アプリ開発の勉強をして、スマホアプリを作る
○ヤフオクやメルカリで転売
○オンラインショップ
などありますね。

ネットの向こう側にいるのも人間であるのですが...

==PR==
パソコンで収入を得る方法の無料ウェブセミナー開催中

無料プレゼントのお知らせ

======

障がい者が働くことには、まだまだ障壁はあります。

今後も障がい者の方が働く環境が整っていくように願っています。



posted by ののえり at 23:27| 愛知 | 世の中ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。