2018年09月29日

まさか、母が脳梗塞になるとは(1)







2017年のできごとです。

2017年8月初旬

7月下旬頃から、母が足が痛いと訴えてきた。
原因は、動きすぎたからと本人は言っていた。

筋肉痛ならそのうち治るだろうと思っていた。

ところが、翌日、まだ治らない。
右足を引きずって歩く。

そのまた次の日、まだ治らない。
右足を引きずるだけでなく、力も入らないようだ。
しかも、様子がおかしい。

立てなくなってきている。


トイレに行くにも立つことができない。

これは、おかしい。
でも、本人が言うように筋肉痛なら
治ってもいいはずだが。

と、思ってはいたが、このままではどうしようもないので、
救急車を呼ぶと告げた。

自分が車に乗せて運ぶことは到底無理だからと判断したので。

救急車を呼ぶときに「右足筋肉痛で立てない」と告げた。

しかし、救急隊の方には、母は「右足は痛くない」と言い出した。

「なぬ?筋肉痛って言っていたのに」と私は一瞬考える。

救急隊の方から、救急車に同乗するように言われた。
車内で、書類を書いているうちに病院へ到着。

早速、検査が始まる。

待つこと約3時間。
救急の診察室へ呼ばれる。

そこで、初めて脳梗塞であることを告げられる。
CTの写真を見ながらの説明。
毛細血管がじわじわと詰まっていくタイプ。
発症してから2,3日経過していると言われた。

確かに、3日ほど前から異常を「筋肉痛」として訴えていたが。

麻痺しているなら麻痺していると言ってくれれば、
もっと早く対処できたのにとは思った。

この日から、状況が一変。
落ち着くまでに時間がかかることになるのであった。

red0130.png


posted by ののえり at 20:32| 愛知 ☔| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

久しぶりの更新、心の余裕がないということ






1月のご挨拶依頼、季節が2個めぐってしまいました。


ブログだけでなく、本業のホームページさえも更新できず。


じゃあ、その間、どうしていたの?


という話ですが、


心の余裕がまったくない状態でした。


日々時間に追われる毎日。


その中で、どうしてもぼーっとしてしまい、さらに時間が無くなる。


全く心に余裕がありませんでした。


今の余裕のない状況になったのは自業自得。


私が、物心ついてから自分の子供が成人するまで、

ずーっと抑圧された状態で生きてきた。

それが、昨年8月に一気にはじけ、開放されたためです。


昨年8月、母が緊急入院し、その後、施設に預かってもらっています。

脳梗塞で半身不随。失語症も。

病院へ行ったのが遅かったため、

麻痺が残り、障がい者2級でもあります。


そのため、うちでは介護できず他人に任せています。


しかし、それは私にとって、母や抑圧されたものからの開放になったのです。


が、自業自得の状況も同時に訪れてしまいました。



父母は離婚し、私はずっと母に育てられてきましたので、

結婚しても、母と同居することは、前提条件になっていましたし、

それは、私も恩を返す意味で当たり前と思っていました。


結婚の時に、同居条件を話したところ、

主人はいいよと言ってくれ、主人の家族も賛成してくれました。


主人と家族には、とても感謝しています。


しかし、結婚後も母は、私を思う通りに動かしたくて動かしたくて、

何でも命令してきました。

つまり、私は、母からの精神的な支配を受けていました。

それには全く気づきませんでした。


気づいたのが、本当にここ最近。


母は、私を思う通りに動かすために

幼いころから、恫喝してきました。

恫喝してきたかと思うと、急に優しくなる。


まさに混乱の極み。


私が思う通りに動かないとなると、今度はうそをつく。

嘘をつかれても、私にはわからないので、

そのまま受け入れます。


嘘をついていたことは、入院後から色々発覚しています。


主人は理論的にすぱっというタイプです。

母は、それが気に入らなく、主人の悪口ばかり言いますので、

いつも間に入って気を使っていました。


長い間、母に対して気を使っていたことで、

今も私は、本当は一番欲しかったものを人に譲り、

ほしいと言えなくなってしまいました。

「なんでもいいよ」が口癖です。


これまでの行動パターンが変わらなければ、

本当の意味で母から卒業できるわけではないと思います。


1週間に1回、施設へ面会へ行くと、また少し洗脳されそうになります。


周囲のサポートと自分の強い意志で乗り越えなければならないです。


まだまだ人生を歩んでいかなければならない。

下手なプライドは捨てて頑張っていくしかないと思っています。


ちょっと書いたら楽になってきました。


心の余裕をもって、私が本当にやりたいことを心の中から引き出していきたいと思います。


母に関しては...肉体的虐待はなかったものの精神的虐待はありました。

怒られついでに、汚い言葉で罵られてきました。

私は、ダメ人間というのを刷り込まれましたので、

表と裏の顔がかなり違います。


長文、読んでいただき、ありがとうございました。



マゼンダカラー.jpg



posted by ののえり at 11:42| 愛知 ☁| Comment(0) | 日記(いろいろ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。