2014年08月28日

障がい者就労支援PCスキル講座 第2回




[障がい者就労支援PCスキル講座 第2回]

毎週木曜日の午前中は、発達障がい者就労支援のPCスキル講座です。

本日は、データ入力などの軽作業系講座ではアンケート入力を、事務職希望者系講座は先週の続きと新しいお題をやっていただきました。

<軽作業系講座>
データ入力をするケースが多いので、重視する内容は
◎正確性
◎スピード


そこでタイピングになれてもらうことやタイピングスピードを速くすることを行っています。
そのために、タイピングソフトを使用して指を正確に早く動かせるようにします。

次に模擬就労を意識したアンケート入力を行いました。
あらかじめセンターの方で用意していただいたExcelフォーマットへアンケート結果を入力するという内容です。
採用してくださる企業さんによっては、あらかじめ自社で決められたフォーマットへ入力をしていくという作業を行っているケースもあります。
そこで、そのようなケースを模擬的に行うことが目的になります。
限られた時間内でできるだけ多い枚数と、入力ルールに従ってどれだけ正確に入れることができるか?が目的です。

本日参加されたメンバーさんは、セルフチェック、クロスチェック共にあまりミスがなかったので良かったと思います。

a1380_000996.jpg

<事務職系講座>
先週の続きで、あらかじめ決められた報告書フォーマットへ研修報告書を入力するというお題をまずはやってもらいました。
レイアウトは変更しないという条件のもと、できるだけわかりやすく上司へ報告しなければならないのと、架空の研修を受けてきていることになるので想像力が必要になります。

「想像力」は障害の程度によっては、結構しんどい作業になります。経験がないとできない作業でもあります。だから、皆さん、難しそうな顔をしながら黙々と取り組んでいました。

ある程度形になったところで、家で添削をするということで印刷をしてもらいました。

次に、Wordのフォーマットを変更するという作業を行ってもらいました。
これも模擬就労になります。
上司から、会議開催通知を変更してもらうように頼まれたと仮定します。
その時、印刷した用紙は渡されるものの、変更点は口頭で言われるのみ。というケースを想定しました。
(よくあると思います。)

今回は、皆さんに「メモを取ってください」と言いました。
こちらも障害の程度によっては話をぼーっと聞いてしまい、メモを取り忘れるケースがある可能性があるためです。

そして、変更開始。

報告書をまとめるよりも簡単だったようで、30分くらいでできあがっていました。

正解はありませんので、おかしな表現やマナー違反、見やすくないなどがない限りはOKです。

就労前に就労に耐えられるように通っていらっしゃるメンバーさんは皆さん、とても真面目です。
真面目すぎて「あー、ここはこうしたらいいのにー」と融通が利かない方も多々。
いい環境で就労していってもらいたい!と思います。





ラベル:発達障害 PC 講座
posted by ののえり at 20:01| 愛知 ☁| Comment(0) | 就労支援のためのPC講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月21日

障がい者就労支援PCスキル講座 第1回




[障がい者就労支援PCスキル講座 第1回]

今日は、PC講師のお仕事の日でしたので、内容変更をしてお仕事について書きます。

ファビコンについては明日書きますので、楽しみにしてくださっていた皆様ごめんなさい<(_ _)>

yun_2818.jpg

それでは本題に入ります。

ちょうど1年前、発達障がいの方のための就労支援をしている会社の社長さんからお問い合わせメールをいただきました。

=パソコンスキルを習得する講座の講師をお願いできますか?=

この1本のメールがきっかけになり、発達障がいの方と毎週向き合う日々がやってくるようになりました。

発達障がいと言っても、就労間近の方々ですので普通に接することができます。
中には知的障がいがある方、学習障がいがある方、記憶障がいがある方もいらっしゃいますが、こちらの指示につきましては真摯に取り組んでいただけます。

この1年の間に試行錯誤を繰り返し、何回かカリキュラムを変更しました。

現在は、PCスキル講座というよりも、仕事に直結するWord、Excelの使い方や仕事上欠かせないマナー(暗黙の了解マナー)が主体となっています。
その手段にPCを使用する...のような感じです。

これまでの私の経験上のPCスキル講座とは全く違ったものなので、「本当に私がやるべきものなのか?」「私でなくてもできるのではないか?」という疑問が頭の中にあります。

疑問がありつつも私自身も勉強になることが多いので、もう少しがんばってみようかなあと思います。
何よりも、センターに通うメンバーさんから吸収することが多いです。
なかなか自己表現がうまくできない方もいらっしゃる(いや、大多数かも)のですが、皆さん一生懸命です。
こちらも真摯に対応をしていけば、応えてもらえます。

講座の内容は、データ入力関係の仕事をしたい人向けの講座と事務職として働きたい方の講座の2本を行いました。
本日のお題は、データ入力の方はExcelを使ったものです。
事務職の方もExcelですがレイアウト変更やレイアウトを変更しないでレポートを書くという課題をやってもらいました。

来週のお題も皆さんの為にそして自分の為に考えます!



ラベル:PC 講座 発達障害
posted by ののえり at 16:43| 愛知 ☁| Comment(0) | 就労支援のためのPC講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。